救急救命室

#100日後に一揆する看護師

北海道医療労働組合連合会(北海道医労連)は、医療・福祉の職場で働く労働者で組織されている労働組合です。道内に約6400人の組合員がいます。コロナ禍において抜本的で十分な政策が取られないことにしびれを切らし「#100日後に一揆する看護師」プロジェクトを作りました。100日後である5月12日「看護の日」までに医療従事者の抜本的な改善を求めています。

​使命感だけでは、働き続けられない。命を守れない。

International Museum of the Baroque

Twitterデモ
5/12「看護の日」

14時スタート

 私たちは100日前から定期PCR検査を求めて声を上げ続けてきました。

 しかし、その声は聞き入れられず、医療従事者へのワクチンもいき渡らず、検査もされず、五輪派遣を求められています。


#看護の日
#看護師の五輪派遣は困ります

#看護は自己犠牲じゃない

#100日後に一揆する看護師

「#看護師に定期PCR検査もせず五輪かよ」ツイデモのお礼

 2021年4月13日[火]に行った「#看護師に定期PCR検査もせず五輪かよ」ツイデモにご協力いただいたみなさん、ありがとうございました!

 当日は2時間で、11,358件のツイート数となり 「キャリア・トレンド」入りとなりました! 鈴木知事に謝辞だけでなく、「PCR定期検査を」と引き続き頑張ります!

【北海道医労連フェイスブック】
【北海道医労連ツィッター】