検索
  • 北海道医労連

医療従事者とかだけではなくて、いつでもどこでも検査ができるような対応があると、症状が悪化することなく対応できるようになるのではないかと思います。

通所介護から ―看護師の声



 デイサービスの方ですから、とくに利用者さんの方から「ここはちゃんと消毒しているのか?」ということが一番問われる部分です。リハビリ型ですので、運動器具を使ったりにロープにつかまって体幹を鍛えるようなことやってるんですけど、毎回毎回消毒しているわけではないので、利用者さんの方が気を使って手袋を持参してくれたりしています。


 産婦人科で働いていた時には、指導的なところもゆっくり関わることができていましたが、今は冊子を渡して「読んでおいてね」と伝えて終わったりとか、立ち合い分娩もしていたは今はできないようになってしまっています。


 子どもが生まれたんだけど、「初孫」なのに面会もできません。助産師の資格も持っていて、子どもが好きだし、妊婦さんとの関りも好きだし、指導することも好きなので、本当は産婦人科医に戻りたいんですが、もうあと何年かで定年という年齢なので、やっぱり患者さんと関わっていたい、「いま、看護がしたい!」です。


 いまは、問い合わせをしてから、「あっちに行って検査を受けて下さい」というような、検査を受けらるまでのスムーズさがないことを自分自身が感じしていたので、医療従事者とかだけではなくて、いつでもどこでも検査ができるような対応があると、症状が悪化することなく対応できるようになるのではないかと思います。


7回の閲覧0件のコメント