検索
  • 北海道医労連

医療関係者は検査を受ける、それが本来なら当たり前ですよ。本来なら、国・政府が率先して行うべきだし、私たちが要求いする前に行って当たり前だと思うんです。

血液センターから ―看護師の声


 血液センターは、一人一人の方と関わる時間は少ないんですけれども、あまり喋れないというか、マスクをしてはいてもちょっと話しかけるとドナーさんも気にするような感じもあり、必要最小限の注意点の説明であったりとか、そういった範囲に限っています。他には気を使う部分としては、消毒関係ですよね。


 PCR検査はすべきなんですけど、加えて陽性であってもちゃんと療養できるだけの人員配置であったり、そういったことがもうちょっと対応してほしい。お金ではない部分なので難しいんですけど、そこをしっかりしてほしいです。


 従来から言われてきた看護職員の人手不足と労働条件の悪さっていうのは、このコロナで明らかになったと思います。基本的な人員配置を本当に求めてかなきゃいけないんだなって実感しています。


 検査と検査の合間にウイルスをもらってしまうこともあり得るんですけど、患者さんにケアしたりとか、いくら防護服を来ても防ぎきれない部分はあります。密接した状態での移乗とか色々なケアが合って、すごい患者さんとの距離が近くなります。


 介護現場もそうですけど、ましてや高齢者の方だったり、いろんな疾患を持った方の病状であったり、状況によっては理解力も低いし、感染予防行動をきちんと取れる方が少ないと思うんです。そういう現場の状況の中で、そもそもこれだけ長い期間検査をしないのって、ちょっと冷静に考えてみるとおかしな話ですよね。


 医療関係者は検査を受ける、それが本来なら当たり前ですよ。本来なら、国・政府が率先して行うべきだし、私たちが要求いする前に行って当たり前だと思うんです。そのために私たちは税金払ってるんじゃないのかなって、すごく思います。

7回の閲覧0件のコメント